HSPと相性の良い結婚相手とは?感情の起伏の少ない穏やかな人といると自分らしくいられます。

HSPの人ってどんな人と相性がいいの?

HSPじゃない人との結婚生活って上手くいくのかな・・・

このように、考えたことがある人も多いのではないしょうか?

この記事では、HSPと相性の良い人とそうでない人HSPでも結婚生活は上手くいくのかどうかを非HSPの夫と結婚した筆者の視点も踏まえて紹介していきます。

自分がHSP気質であると気づいている人にとって、少しでも参考になると嬉しいです。

HSPが結婚相手に最適なの人は干渉してこないおおらかな人

そもそも繊細で人といると疲れてしまうことも多いHSPは結婚できるの?と思う人もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、感情の起伏の少ない穏やかな人と結婚することでHSPさんでも幸せな結婚生活を送れます。

HSPは人の感情の左右されやすい

HSPは空気を読むのがとても上手で、人の感情の機微もすぐに察知します。

そのため、パートナーが急に不機嫌になったり、イライラしたりしていると「なんだか機嫌が良くないな」「わたし何かしたかな?」と気になって不安になってしまいます。

感情に起伏の多い相手だとHSPの気はずっと休まらないのです。

人の感情に左右されやすいHSPだからこそ穏やかな人となら安心していられる

反対に、自分の感情をコントールできる落ち着いている人だと、感情が乱されることがなく安心していられます。

感情の起伏がなく、ずっと穏やかでいてくれる相手がHSPの最適の結婚相手と言えるでしょう。

HSPと相性の良い人の特徴【3選】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2792258_s.jpg

感情の起伏の少ない穏やかな人の他には、HSPはどんな人と相性が良いのでしょうか?

この章ではHSPである著者の経験も含めて、3つの特徴を紹介してきます。

  • 自分と違う考えや意見も肯定してくれる人
  • 自分の時間も大切にしている人
  • ポジティブで向上心がある人

それでは、順番に解説していきますね。

自分と違う考えや意見も肯定してくれる人

HSPは自分の考えを否定されると、自分自身を否定されたと思ってとても傷ついてしまいます。

自分にはない考え方だとしても、理解しようとしてくれる柔軟な考え方を持っている人がHSPの人には合っています。

自分の時間も大切にしている人

繊細で敏感なHSPは人と接することでの疲れを感じやすく、ひとりでゆったり過ごせる時間を作ることは何よりの優先事項です。

そのため、相手が2人でいる時間をもっと作りたいという考え方だと、息苦しく感じてしまいます。

相手も同じように自分の時間を大切にしている人だとお互いのひとりの時間を尊重し合えますよね。

ポジティブで向上心のある人

相手の感情に左右されやすいHSPですので、ネガティブよりポジティブな相手の方が自分も明るい気分で心地よくいられます。

また、もともとHSPは向上心のある人が多く、同じく向上心のある前向きな人と一緒にいることでお互い高め合っていける良い関係になるでしょう。

HSPと相性の良くない人の特徴【3選】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 25542638_s.jpg

反対にHSPと相性の良くない人はどんな特徴があるのでしょうか?

こちらも3つ特徴を紹介していきます。

  • 自己中心的で周りを振り回す人
  • 甘えたがりで寂しがりな人
  • テンションが高くて騒々しい人

順番に解説していきますね。

自己中心的で周りを振り回す人

空気を読んで周りに合わせることも多いHSPは、自己中心的な人と一緒にいると振り回されてしまうことも多いです。

また、はっきり断ることが苦手なので、相手がもっと自分中心になってしまうことも。そういう人は目立つので、初めから関わらないようにする方が良いでしょう。

甘えたがりで寂しがりな人

自分の空間や時間を大切にしたいHSPにとって、甘えたがりで家ではいつもべったりな相手だと、ぐったりしてしまいます。

たまになら良いですが、いつも構って欲しそうな態度をとってくる相手とは相性が良くないでしょう。

テンションが高くて騒々しい人

明るい人と一緒にいると自分も明るく前向きな気持ちでいられますが、あまりにもテンションが高くてついていけないような人ですと、かえって気疲れしてしまいます。

また、HSPは音にも敏感ですので、物音や声や動作が大きすぎる人といると、いちいちびっくりして気持ちも落ち着かないです。

相性の良い人となら結婚生活も上手くいく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 27163024_s.jpg

HSPだけに限りませんが、相性の良い人となら結婚生活も必ず上手くいきます。実際に結婚してからは、どういうことを心掛けていくと良いか2点だけ紹介させてもらいますね。

結婚する前と変わらずに自分の時間も大切にする

結婚して一緒に暮らすとなると、必然的に相手と一緒にいる時間も増える訳ですが、1日の中でひとりでゆったりする過ごす時間も必ず作ってください。

一緒にテレビを見てて急にいなくなると相手もびっくりしてしまうので、「今日は疲れたから、隣の部屋で静かに本を読んでるね。あなたも好きなことしててね。」と話しておけば、そういう気分なんだなと相手も理解してくれます。

ひとりになれる時間を作りながら、映画を見る、ご飯を食べるなど相手と共有する時間も大切にしてください。

周りと比べず自分たちの心地よい暮らしをする

結婚してからは、親や親戚から「結婚式はどうするのか」「孫の顔が早く見たいわ」など言われることもあるのではないでしょうか。

また、SNSを見ると友人が結婚式の写真をあげていたり、妊娠の報告をしていたりと焦ったり落ち込んだりするかもしれません。

でも、そんなことは気にせずにHSPさんのペースでゆっくり2人の暮らしに慣れていってから、先のことを考えたら良いのです。

相手も結婚を決めたときから、HSPさんと同じ歩みでゆっくり進んでいくことを考えてくれていると思いますよ。

まとめ

HSPと相性の良い結婚相手の特徴と結婚生活で大事にすることを紹介させていただきました。

筆者も夫と結婚する前は、「人といるとすごく疲れるのに結婚なんてできるのかな?」「色んなことに繊細すぎて呆れられないかな」と悩んでいました。

でも、結婚してからもこれまでと変わらずひとりでの時間を大切にしながら穏やかに生活しています。休日も、夫婦別行動でお互い好きなことをしていることがほとんどです(笑)

意外と身近な場所に自分を相性が良さそうな人がいるものなので、周りの人の特徴もよく観察してみると良いかもしれません。最後まで読んでいただき、ありがとうございました🍀

コメント

タイトルとURLをコピーしました