HSPがマルチタスクを苦手な理由と3つの解決策

しなくちゃいけないことはたくさんあるのに、同時に作業できない・・・

このようにいくつかの作業を同時に進めていく「マルチタスク」を苦手とするHSPさんは多いと思います。

でも、仕事において作業を効率よく時間内に終わらせなくてはいけない場面もありますよね。

この記事ではHSPさんがマルチタスクを苦手とする理由と、その解決策を紹介していきます。

HSPである私が実際に試して効果のあった方法となるので、日々のタスクや仕事においてぜひ参考にしてみてくださいね。

HSPがマルチタスクを苦手な理由

HSPの気質がある人には4つの特徴があると言われています。

  • Depth of processing(深く考える)
  • Overstimulation(過剰な刺激を受けやすい)
  • Empathy and emotional responsiveness(感情反応の強さ・強い共感力)
  • Sensitivity to subtleties(些細なことを察知する)

これらの特徴から分かるHSPがマルチタスクが苦手な理由は、

  • 細かい部分にも気付くから1つ1つの作業に時間がかかる
  • 目の前のことに集中しすぎてしまって全体を把握することができない
  • 急な予定変更があると神経が高ぶってパニックになってしまう の3点です。

1つ1つ時間をかけて進めていくのは得意だけど、同時並行ってなるとパニックになってしまうんだね!

マルチタスクを上手にこなす3つの解決策

では、マルチタスクを苦手とするHSPはどのように作業を進めていくのが良いのでしょうか?

マルチタスクを上手にこなす3つの解決策を紹介していきますね。

シングルタスクで作業を進めていく

シングルタスクとは、1つのことだけに集中して作業を進めていく方法です。

物事を同時に進めていくことが苦手なら、ひとつの作業を完了させてから次の作業に取り組むようにすれば良いのです。

同時に作業を進められない分、優先順位をつけて作業に取り組んでいくのがポイント💡

余裕のあるスケジュールを組む

HSPさんは1つ1つ丁寧に時間をかけて作業を進めていくので、人より作業をこなすのに時間がかかります。

スケジュールを詰め込みすぎて苦しくならないように注意しましょう。

HSPさんは何でも完璧にこなそうとしてしまう人が多いです。

全部を完璧にこなそうとして自分を追い込みすぎないように!

自分のペースで仕事ができる環境を選ぶ

HSPさんは急な予定変更や、仕事をしている所を監視されるような仕事は向いていません。

自分のペースで1つの仕事にじっくり集中できる環境を選びましょう。

特に以下のような仕事は避けた方が良いかもかもしれません。

  • 電話がひっきりなしに鳴る
  • 周りの話し声や雑音が大きくて集中できない
  • 上司に急な仕事を頼まれることが多い

筆者も、接客業をしていた時は急な予定変更ばかりで神経が擦り切れてました・・・

正社員だったので、接客をしながら商品を発注したりバイトの子に教えたりと同時に作業を進めていかなければいけない環境でしたが、全然集中できずに全部の作業が中途半端でした。

今は、急な予定変更や接客や電話対応も少ない事務の仕事に変えたので、自分のペースで仕事進められています!

実は人間の脳はマルチタスクを好まない

マルチタスクが出来ないことに悩んでるHSPさんに知ってもらいたのは、そもそも人間の脳はマルチタスクに向いていないということです。

そもそも、脳はマルチタスクに向いていないのです。実際はひとつのタスクから別のタスクへ行ったり来たりしているだけ。そのように他のことに気をとられる状態が続くと、脳はパフォーマンスを十分に発揮できません。往々にして、仕事の質と効率性が犠牲になります。

最新科学が証明した脳にいいことベスト211 18章「脳はマルチタスクを好まない」

また、習慣的にマルチタスクを行っていると、脳の非効率なはたらき方に慣れてしまい、思考を整理し、重要なことを記憶することが難しくなるようです。

マルチタスクで作業を進めていことは、脳への負担も大きいことが分かりますね。

まとめ:マルチタスクをしなくても良い3つの解決策

マルチタスクをしなくてもよい解決策は以下の3点です。

  1. シングルタスクで作業を進める
  2. 余裕のあるスケジュールを組む
  3. 自分のペースで仕事ができる環境を選ぶ

細かい所までチェックして丁寧に作業を進められることも、1つの作業に集中し続けられることもHSPさんの大きな長所です。

長所を生かして自分のペースでコツコツ作業をこなしていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました🍀

コメント

タイトルとURLをコピーしました